【出版販促セミナーレポート】ベストセラーを生み出すための指標とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

こんにちは、ロボットが代わりに話してくれるロボット婚活があると聞いてすごい時代だと最近一番の衝撃を受けた出版プロデューサー&プロジェクトマネージャーの白木です。

本日は、2019年に突入して1回目3月7日に行われた出版販促セミナーのレポートをお送りいたします。今回から、大幅バージョンアップしております!よりわかりやすく、そしてより皆さんがベストセラーを生み出すために必要なノウハウをお伝えしております。

すぐに満員になってしまうことから、ご要望にお応えして今月は3月22日にも開催予定です!



出版販促セミナーとは? 

本のマーケティングに強いことが私たちの特徴です。

このセミナーでは、増刷率90%、平均部数4万9000部の実績に基づいた販促の基礎知識だけでなく、どういったことをすれば長く売れ続ける著者になれるのかという点もご紹介していきます。

他の出版プロデュースでは、本の企画が通ったら終わりという場合もあるようなのですが、私たちは、ベストセラーになることを目指しているので、企画だけでなく販促に最も力を入れて準備をしていきます。

特に、このIT時代においてメディアの力は絶大です。

そのため、「本が広がっていくオウンドメディア」の構築方法も必要と考え、具体的なノウハウも同時にお伝えしています。

どんな方が参加しているの?

出版販促セミナーには色々な業種の方が参加されています。

既に本を出版されている人もいらっしゃれば、これから出版を考えている方も。

今回は、現役の出版プロデューサーさんもご参加くださいました!

私たちのセミナーは出版業界のプロのご参加も多いですね。

こちらの身が引き締まると同時に、共に出版業界を盛り上げたいという思いで学び合いたいと考えています。

ちょっとだけ、皆様の業種をご紹介させていただくと・・・

  • ウォーキングの先生
  • ホームページコンサルタント
  • コミュニティプロデューサー
  • セミナー講師

皆さん、本当に全く違う業界で活躍してこられた方ばかり!

本の世界って本当に面白いな~と思います。

ベストセラーを生み出す本質的な指標

8割の本が売れずに消えていく出版業界では「マーケティング戦略」が非常に重要になってきます。

その戦略を立てるのに、必要なのが「指標」です。

大手出版社にいた頃の経験、そして独立後もベストセラーを生み出してきた実感から、西浦さんが本質的に最も注目すべき指標として今回のセミナーでお伝えしたのが、

「市場の在庫数」です。

この数字をコントロールするための作戦を考え、実行し続けることができれば、売上に直結し、ベストセラーを目指すことができると考えられます。

この「市場在庫」に対して、立てるべき戦略については以下の3つの段階があると考えられ、各段階に応じて実行する内容が異なります。

特に、②~③の段階をクリアできればベストセラーへの道が開けると言っても過言ではありません。

①速さ期
②〇〇期
③〇〇期
 
この②~③の時期で非常にパワーを発揮してくる戦略の1つが「著者メディア」の運営です。
(ぜひこの3つの段階と戦略についてはセミナー内でご自身の目と耳で確かめてください!)

なぜ今著者メディアが必要なのか?

出版だけでなく、オウンドメディアの運営方法についても解説できるのが、このセミナーの特徴です。

実際、ホームページを持っていない企業は今の時代ほとんどないですよね?

もし、ホームページからどんどんお客様が来てくれれば、人員を割いて営業活動をしなくても良いわけです。

企業もそういった戦略を取っています。

つまり、著者も自分自身のメディア「著者メディア」を持って、そこからどんどん読者が増える仕組みを作っておけば、本が発売された時には、自動的に売れる仕組みが出来上がっているわけです。

その準備をしているかしていないかで、発売後の状況が大きく変わります。

出版社もそんな仕組みを持っている著者を離すはずがありません!

新規導入したプロジェクトマネジメント制度

今回のセミナーでも、皆さんが誰のために、どんなテーマで書くべきかについて、ワークとフィードバックを通じて明確にして頂きました!

しかし、まだスタート地点に立ったばかりです。

売れる企画を考える、売れるための戦略を準備することを考えると出版は1年~2年ほどかかる壮大なプロジェクトになります。(ただ出版することだけが目的なら別ですが・・・)

これを1人で進めていくのはけっこうハードです。

著者のほとんどはご自身の事業を持ちながらその傍らでブログの記事を書き、企画書を作成し、執筆を行っていきます。

出版は目の前にお客様がいるわけではありませんので、タスクが後回しになりがちです。

今までももちろんプロデューサーと二人三脚で進めてはいましたが、今回から、さらに手厚く皆さんのゴール(ベストセラー出版)が計画通りに達成できるよう、プロジェクトマネジメントの制度を導入しました。

プロジェクトマネージャーがついて、タスクの細分化やスケジュールの管理などのお手伝いをさせて頂きます。

あなたの本が出なくてもわざわざクレームを出す人はいません。

しかし、声なき人たちが困るのです。皆さんの本に助けられた、救われたという読者が必ずいるのです!

次回のセミナーは、2018年3月22日を予定しております!

ご興味のある方はぜひ以下のセミナー情報をご覧ください。毎回すぐに満員になってしまいますが、今回はキャンセルが1名出たということで、ぜひお早目にお申込みください!

【満席御礼】3/22出版販促セミナー「ベストセラー&長く活躍する著者になる方法」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

日本生まれ、ロサンゼルス育ち、特技は英語、趣味はフラメンコのグローバル女子。

 

大学卒業後は、大手通信事業社、ゼネコン、監査法人、広告代理店、外資系清涼飲料会社、外資系保険会社、証券会社、外資系服飾宝飾関係など様々な企業のIT運用を支援。運用改善やシステム導入プロジェクトマネジメント、インストラクター、ヘルプデスクマネージャー、VIP対応などを経験。

 

約10年サラリーマンを続けた結果、もっとクリエイティブな仕事がしたいと思い、とりあえずMBA取得を目指して勉強スタート。

 

しかし、MBAを取得しても自分が何で起業したいのか?何の目的で起業するのか?を明確にしていないと意味がないと感じ、小さくてもいいから個人で仕事をしてみようと思い2015年に会社を辞め、独立。

 

フリーランスとして、カウンセラーや英語講師、エステティシャン、司会業、企業マーケティング、広報、営業などを幅広く経験。

 

その結果、人の可能性を引き出す仕事がしたいと強く思うようになる。

 

2016年、知人の紹介で出版プロデューサーの西浦氏と出逢い、出版プロデューサーとしてのキャリアをスタート。慣れない出版業界のことを勉強しつつ日々成長中。


新着記事

セミナーバナー