プロの激推し本紹介『NO BOOK NO LIFE』 で『血流がすべて解決する』が紹介されました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

今朝、関西地区で大きな地震がありました。関西で大きな地震と聞くと、どうしても子供の時に体験した阪神淡路大震災を思い出してしまいます。

ニュースやSNS等で被害の様子が少しずつ伝わってきて辛いです。皆様がご無事でありますように。


NO BOOK NO LIFE

毎日更新62日目。

出版プロデューサーの西浦です。

昨日『NO BOOK NO LIFE -Editor’s Selection- 編集者22人が本気で選んだ166冊の本 が担当編集者の望月さんから届きました。(望月さんご恵贈ありがとうございます!)
こちらは2014年に発売されたロングセラーNO BOOK NO LIFE 僕たちに幸せをくれた307冊の本』の第二弾。前作が書店員さんによる本のセレクションだったのに対し、今作は編集者さんがセレクションをされています。

こういった出版関係者によるオススメ本の紹介というのはけっこう鉄板ネタで、書籍はもちろん雑誌の企画でも人気があります。やっぱり気になりますよね、僕もついつい買ってしまいがち。

人気のある企画なのでmovie、類書も多いですから、差別化するために登場するのが「どういった視点で本を選ぶか」という部分。

ただ単純に「おすすめ」「良い本」ってだけじゃなくて、選ぶ視点そのものもコンテンツなんです。

選び方そのものがコンテンツ

その点、本書は非常に面白い!編集者セレクションなので、やはり「編集者ならでは」の選ばれ方がされています。

  • この手があったか!企画・アイデアに驚いた本
  • 「この本は絶対売れる」書店で見てヒットを確信した本
  • 最高の謳い文句!帯コピーが際立っていた本
  • 自分の道を決めた出版業界で働くきっかけをくれた本
  • いつかこんな本をつくってみたい 自分が目標にしている本

など編集者目線、プロ視点全開でセレクションされているのが面白い!

しかも、そんなプロの激推し本の中に『血流がすべて解決する』を選んでいただいています!すごく光栄!

  • 「この本は絶対売れる」書店で見てヒットを確信した本

としてクラーケンの鈴木収春さんが選んでくださってます。やはり今までの常識だった「血液サラサラ」に対するカウンターとしての「血流たっぷり」という視点を評価してくださいました。

感激です!

この本独自の面白さ

この「企画の視点」で本を選んでくれているのが、まさに編集者セレクションである本書の特徴という感じで面白いですね。

もう一つ本書の特徴と言えるのが「選者と本をイラストで描いている」こと。

登場する編集者さんと選ばれた本がすべて手書きイラストにて表現されています。

たまたま知ってる編集者さんが4人おられたのですが、思わず「クスっ」となるくらい似てます(笑)

編集者のイラストも面白いのですが、たいてい選書企画は本の画像データを使うことが多いので、イラストで表現されているのはすごく新鮮です。

よく知っている本でも知らない本のように感じられます。

 

ぜひ一度、お手に取ってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

増刷率90%。平均部数49,000部。

奈良県出身 同志社大学卒業後、学習研究社(現・学研ホールディングス)入社。
書店促進部を経て、一般書販売課へ配属。2つの編集部を担当し、年間最大400冊のマーケティングを担当。
膨大な点数を扱いつつ、新人著者の売り伸ばしや仕掛け販売に注力。
上原愛加のプリンセスレッスン(シリーズ100万部突破)などの売り伸ばしに成功する。その後、出版プロデューサーとして2010年に独立。

『血流がすべて解決する』(23万部)『奇跡の営業』(6.3万部)など主にデビュー作をプロデュースし、ベストセラーへと導く。

業界では数少ない、出版社マーケティング部出身の出版プロデューサー。

業界の活性化を目的として、版元・書店との人脈を活かした合同勉強会や、新卒向けにメディア就活ボランティアも行なう。

「営業だったからこそ、著者・出版社・書店に提供できるモノがある」と増刷ロジックや書店巻き込みマーケティングを駆使したプロデュースを行う。

本は読者のためにある。という考え方から「ブランディングの為に本を出したい」とおっしゃる方には、笑顔でドロップキックをプレゼント(笑)


新着記事

セミナーバナー