毎日更新を1か月続けて起きた変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

最近、『CRAFT BOSS』っていうコーヒーをヘビーローテーション中の出版プロデューサー西浦です。昨日、自販機でも買ったんですが、コンビニと自販機でサイズ違うんですよ!(自販機で売ってるのが、右のたてながの方)

内容量は一緒だけど、自販機の方がちょっと高かったです。味は…一緒なんだけどなんか違う気がする。絶対一緒だと思うけど(笑)

さて毎日更新35日目。

先週末に出版プロデューサーの白木さんと、定例MTGを行い、セミナーや出版TIMESについて打ち合わせをしてきました。毎日更新スタートから1ヶ月のデータを分析したので、皆様にご報告いたします。

毎日更新の効果ってどれくらいあるのか?ぜひご覧ください。ちなみに毎日更新するまでは週に2度か1度の更新でした。


全体的に50~60%アップ

ユーザー動向 ※カッコ内は2週間時点のデータ

  • セッション数 161%(146%)
  • PV数 166%(148%)
  • 平均PV数 103%(101%)
  • 平均セッション時間 96%(91%)
  • ユーザー数 153%(144%)

毎日更新をはじめて2週間で約40%伸びましたが、その後も伸び続け最終的に1ヶ月で50~60%アップという結果になりました。

計測期間である4/17~5/16では29記事を更新。比較対象である3月18日~4月16日では11記事を更新しているので、更新数は263%ですから、そう考えると効率悪いようにも思えますね。その理由はやはり、出版TIMESが検索ユーザーの方が多いからだと思います。

ここで重要になるのは、やはり検索ユーザーの増減ですよね。

毎日更新は、検索順位アップ、検索ユーザー増につながる

ランディング(着地)ページ分析

  • 表示回数 119.5%
  • クリック数 128.7%
  • クリック率107.7 %
  • 平均掲載順位 103.2%
  • セッション数 124.55%

まずは全体的に数値が改善され、表示、クリック数ともに20~30%の幅で上昇。クリック率や掲載順位も上がっています。今月に入って更新した記事が検索されるようになったというよりは既存の、検索順位の高い記事が恩恵を受けている状況です。

例えば

という記事は「本を書く」というキーワードに対して平均掲載順位3.8位から2.8位へ伸び、その順位上昇に伴ってクリック数も伸びましたが、クリック率(CTR)も一緒に伸びてくれていました。一安心。

他にも検索ニーズの高い記事のほぼすべてで順位上昇が確認できています。伸び方はそこまで派手ではなく、5位以上の記事だと大きくて1ランクあがるくらいですが、むしろ「ほぼすべての記事で伸びている」ことにGoogleからサイト全体への評価が上がったのかなと期待できそうです。

「更新頻度がそのまま評価された」のか、「更新頻度の上昇によるセッション、PV、ユーザーの増加」が評価に繋がったのかは不明ですが、毎日更新によって古い良記事の価値が上がるということが言えそうです。もう少し継続して検証してみないとわかりませんけれど。

これは逆に言うと、どれだけ良記事を書いても、更新を辞めたら評価が下がりだすという見方もできますね。それともコンテンツの量さえあればカバーできるのでしょうか。

つまり記事のストックがケタ違いにあれば更新頻度は下げても大丈夫なのか、それではダメで常に新しい記事を投稿し続けねばならないのか、検証していこうと思います。更新頻度を評価してくれてるなら新規参入しやすいですし、記事のストック量が評価されるなら古参は楽できますが。。。どちらもいびつな検索順位になりそうなので、そう考えるとやはり「セッション、PV、ユーザーの増加が評価に繋がった」と考える方が自然かもしれませんね。

リピーター増に劇的な効果

参照元(流入経路)※カッコ内は2週間時点のデータ

  • ダイレクト(お気に入り等) 248%(115%)
  • facebook(スマホ)からの流入 716%(673%)
  • facebook(PC)からの流入 400%(400%)
  • google  125%(114%)
  • yahoo  139%(118%)
  • リピーター 200%
  • 新規ユーザー 153%

facebookからの流入は2週間目の頃と変わらずです。SNSからの流入は毎日更新をはじめてすぐ効果がでるのでしょう。2週間以降伸びたのがダイレクトの流入で、お気にいり等に登録してくれた方です。スマホにサイトのURLを貼り付けて、「毎日見に来る」というような習慣にしてくださっている方が増えているのかもしれません。

検索も伸びてきて、ご新規のユーザー数も153%になっていますから、新規もリピートも伸びるというありがたい結果です。

 

というわけで、結論としては「SNSからのユーザーはすぐ伸びるし、1ヶ月も経つ頃にはお気に入りなどのリピーターも増え、さらに検索順位が上昇して新規ユーザーも増えるし、いいこと尽くしですよ」ということでした。

この検証結果が多くの著者や、オウンドメディア運営者、特に個人でサイトを運営されている方のお役に立てば幸いです!

【満席御礼!キャンセル待ち&次回優先案内募集中】ベストセラー&長く活躍する著者になる方法【出版販促セミナー(2018/7/6)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

増刷率90%。平均部数49,000部。

奈良県出身 同志社大学卒業後、学習研究社(現・学研ホールディングス)入社。
書店促進部を経て、一般書販売課へ配属。2つの編集部を担当し、年間最大400冊のマーケティングを担当。
膨大な点数を扱いつつ、新人著者の売り伸ばしや仕掛け販売に注力。
上原愛加のプリンセスレッスン(シリーズ100万部突破)などの売り伸ばしに成功する。その後、出版プロデューサーとして2010年に独立。

『血流がすべて解決する』(23万部)『奇跡の営業』(6.3万部)など主にデビュー作をプロデュースし、ベストセラーへと導く。

業界では数少ない、出版社マーケティング部出身の出版プロデューサー。

業界の活性化を目的として、版元・書店との人脈を活かした合同勉強会や、新卒向けにメディア就活ボランティアも行なう。

「営業だったからこそ、著者・出版社・書店に提供できるモノがある」と増刷ロジックや書店巻き込みマーケティングを駆使したプロデュースを行う。

本は読者のためにある。という考え方から「ブランディングの為に本を出したい」とおっしゃる方には、笑顔でドロップキックをプレゼント(笑)


新着記事

セミナーバナー