【webラジオ】コウジニシウラのおしゃべり出版ウラ表紙vol.1『webラジオスタート!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

こんにちは!出版プロデューサーの西浦です。

この記事は、出版TIMESの新企画「本でベストセラーを目指す人のためのwebラジオ『コウジニシウラのおしゃべり出版ウラ表紙vol.1』」の概要です。

 

いつも出版TIMESの記事を読んでいただいて大変ありがとうございます!

今回は「出版TIMESをより身近に、わかりやすく感じてもらいたい」という思いからwebラジオをスタートしました♪

当サイトとfacebookページの双方で配信していきます。(内容は同じものです)

 

出版プロデューサーの西浦とフリー作曲家のあるうらさんによる対話形式で進んでいきますので、気楽に聴いていただけると幸いです。

特にベストセラーを目指す著者の方は必聴ですよ!

以下に概要をまとめましたので、参考にご覧ください。

 


おしゃべり出版ウラ表紙開始

ぞんざいな扱いをされる西浦

 

西浦「どーもー、出版プロデューサーの西浦です。」

あるうらどもー、フリー作曲家のあるうらです。」

西&あるよろしくお願いしまーす。」

あるまず最初に、『出版プロデューサー』の西浦さんってことですけど・・・えー。。。『お前ダレだ?』って感じだと思うんで。」

西浦「ぞんざいですね(笑)」

あるのでまず最初に『出版プロデューサー』ってなんですか?」

 

出版プロデューサーってなんですか?

西浦「『出版プロデューサー』っていうのは、本を出版するために企画から販売まで『あらゆる準備をする人』です。著者を見つけてきて(スカウト)、どんな企画がいいかを一緒に考えて、山ほどある出版社、編集者の中からベストマッチだなと思う人を探す仕事ですね。」

あるベストマッチっていうのは、著者と?」

西浦「そうそう、著者と企画とって感じ。この編集者〇〇な企画得意だなとか、こういう作り方するの上手い人だもんなっていうのと。

 

あと性格の合う合わないもあるので、総合的に『ベストマッチ』だと感じられる人に提案するのが仕事。で、その編集さんが『いいね!やろうよ!』ってなったら一緒に作ると。僕はその先の販売まで考えながら、本をプロデュースしてて。企画立てるときから「どうやって売るんだ」ってのを考えながら、最初から作ってます。」

 

あるああそうなんですね。」

西浦さあ本できました、どうやって売ろうか!』ってなってたら、遅いんで。」

 

ある確かに怖いっすもんね。」

西浦「そうそう、だから販売までやるっていう前提で企画から入っていくんだけど。」

あるそれが『出版プロデューサーの仕事』って感じなんですか。」

西浦「ただ、聞くところによると、プロデューサーっていうよりエージェントって感じの人も多くて。企画通したら『後はよろしく!』って感じで、いなくなる人もいるみたいです。」

 

あるへー、じゃあ人によっては企画通すまでが仕事で、どれぐらい売れるか、どうやって売って行こうかという話まではノータッチっていう人も多いと。」

 

西浦「そうそう。あるうらさんが言ったみたいに、企画通すまでが仕事の人と、売るとこまでが仕事の人がいるんだと思います。」

 

 

…続きは放送で!

 

参考リンク
出版セミナー(オンライン)

【大手出版社の元マーケターが売れる本の秘密を公開!】

https://kagiroi.com/publishing-times/seminar/
個別相談

企画書の持ち込み、新刊の販促相談、出版実現可能性の診断など、なんでも対面でご相談可能です!

https://kagiroi.com/publishing-times/individual-consultation/

売れる本の秘密を知る セミナーの詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

新着記事

セミナーバナー