奥付とは?意味や歴史、記載すべき7つのことを整理しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

本のだいたい最後のページに「奥付」と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか?

タイトルや著者名、発行所といった情報が掲載されています。

その本の増刷回数や発行日も書いてあるので、僕は出版社に入って「とりあえず奥付を見る」癖がつきました。

  • 奥付には何の意味があるのか?
  • 奥付にはどういったことが書かれているのか?
  • なぜ奥付が書かれているのか?

などについて、この記事で整理してお伝えします。

読み終わるころには、奥付についての知識が一通り身につくと思います!

奥付とは出版物の「責任の所在」を示すためのもの

なぜ奥付が作成されるのか?それはその本の「責任の所在」を明確にするためです。

本の内容に不備があったり、乱丁落丁、本そのものに製本上の欠陥があり得ますよね。

そういった問い合わせ先はどこになるのか?

責任の存在を明記しているのです。

 

ですので奥付には、著者や出版社、印刷所に、編集者、デザイナーなど「誰が関わって作ったか」が掲載されています。

実際に内容についてのご意見や、製本上の不備についてのお問い合わせをいただくことがあるので、編集部と営業部の電話番号が記載されていることも多いです。

つまり、結論として奥付は、責任の所在を示すためにあるのです。

【奥付の歴史】江戸時代には規則・ルールがあった

実は海外の本にはほとんど奥付がなく、和書と中国や韓国の一部の本だけが「奥付」を採用しています。

ではこの「奥付」はどういった経緯で、日本国内に浸透していったのでしょうか?

これは時代を300年さかのぼって、江戸時代、享保7年(1722年)11月の話になります。

「大岡裁き」で有名な南町奉行所の大岡越前守忠相(おおおかえちぜんただすけ)が発した御触書の中に

「一 何書物ニよらす此以後新板之物、作者并板元之実名、奥書ニ為致可申候事」

という条項があります。

「どんな本でも、これ以後新たに出版するものは、作者ならびに版元(出版社)の実名を奥書きすること(奥付に書くこと)」ということですね。

これは主に、海賊版取り締まりの意味が大きく、版元や著者の権利を守る目的でつくられたと考えられています。

 

その後、明治26年(1893年)に出版法が制定され、

  • 第7条「文書図画の発行者は其の氏名、住所及発行の年月日を其の文書図画の末尾に記載すへし」
  • 第 8 条「文書図画の印刷者は其の氏名、住所及印刷の年月日を其の文書図画の末尾に記載し、住所と印刷所と同しからさるときは印刷所をも記載すへし(以下略)」と

発行者の氏名・住所、発行年月日、印刷所の名称・住所、印刷の年月日の記載がはっきりと義務付けられました。

 

この出版法により奥付が義務化されたわけですが、この法律は政府がいわゆる「検閲」を行い言論統制できるように制定されたものでした。

第二次世界大戦後に、日本国憲法第21条で「言論の自由」と「検閲の禁止」が定められ、出版法は廃止され、奥付の義務もなくなりましたが、今でも習慣として、ほとんどの出版物に奥付が作成されています。

有名な大岡越前がきっかけで誕生した「奥付」。現在は習慣ですが、戦前は義務付けられていたんですね。

【参考】

奥付に記載する7つのこと【出版業界の習慣】

 

奥付は義務ではなく、習慣なので「これが無くてはならない」という決まりはありません。

とはいえ「これがあれば問題ないだろう」という「奥付に記載する項目と内容」について解説していきますね。

本のタイトル

本の正式タイトルです。

今の本はサブタイトルやキャッチコピーでもアピールして、とにかく店頭でより目立たせるようデザインを組んでいます。時にはタイトルよりもそっちの方が大きいこともあるので、正式なタイトルを明記しましょう。

版・刷とのその日付

版(はん)とは書籍を印刷する元の板のこと。わかりやすく言えば「バージョン」です。

初版は最初の版(バージョン)を指し、第二版は修正変更がされており、初版とは一部別物になります。

 

刷(すり・さつ)は印刷回数のことです。

「初版 第1刷」が売れ行き好調なら、増刷がかかり、「初刷 第2刷」が印刷されます。この1刷と2刷は同じものです。

が、今は版を組まずにデータで入稿することが多いですし、2刷で誤字脱字も直してしまっています。

発行者の氏名・住所、年月日、印刷所の名称・住所、印刷の年月日の記載が義務付けられました。

※増刷についての記事は現在準備中です!

なお、珍しいケースですがサンクチュアリ出版では刷回数だけでなく、累計発行部数も表記されています。

 

日付は発行日です。が、実際に印刷した日付ではありません。

流通のタイムラグもありますし、天変地異や船の遅延でカバーが届かないなど、事故の可能性もあります。

ですので搬入日(印刷製本が完了して、取次へ出庫される日)から2週間くらいに設定することが多いです。

ゲンを担いで搬入から2週間以内の大安や友引に設定することもあります。

著者

著者名です。グループ名や「〇〇研究会」でも大丈夫です。

昔(江戸時代)は実名でしたが今はペンネームでOKです。

発行者

その本の発行責任者名。たいていは出版社の社長とか、その編集部の担当役員の名前などが入ります。

本を発行する組織の「偉い人の名前」を書きましょう。

発行所

その本を発行している組織名。出版社の名前や、同人誌などの場合はサークル名が当てはまります。

もし発行と発売が別の場合(営業委託契約とか)は、発売元の会社名も書きましょう。

編集部・営業部の連絡先

問い合わせ先として電話番号と住所を載せるケースが多いです。

内容については編集部、乱丁落丁などは営業部の連絡先を書きます。

また、たいていの出版社が「万一、乱丁、落丁がございましたら、小社営業部までお送りください。お取替えさせていただきます。」と記載しています。(珍しいケースですがその記載がない本もあります)

内容に関しては電話番号を載せず「書面でお送りください」と住所だけ掲載している出版社もあります。

印刷・製本

その本を印刷・製本してくれた印刷会社さんと、製本会社さんの名前。

印刷所だけ掲載のケースも多いです。でも製本所さんも載せたほうが丁寧です。

奥付に記載しないほうが良いこと

逆に奥付に書かないほうがいい項目もあります。

定価

雑誌では定価を表記していますが、ほとんどの書籍は定価を奥付に書いていません。

いろいろ理由は考えられますが、ビジネスモデルの違いが原因でしょう。

雑誌はその号で売り切ってしまうビジネスモデルであり、毎週毎月最新号を販売します。

逆に書籍は同じ本をロングセラーで売っていきたいものです。

書籍は容易に価格の変更ができないからこそ、本体に記載せずカバーだけにとどめているのでしょう。

(後に価格改定するとしても、カバーのみ印刷し直せば中身そのままで販売できる)

検印

この本の発行を著作権者が認めていますよという印章。印税という言葉の由来にもなりました。

検印を見れば、著作権が著者にあるのか版元にあるのか(版元が買い取ってる場合、版元の検印が押されてる)がわかります。

ですが今は省略されることが多いので(手間だし)、省略してよいでしょう。

奥付の見本・テンプレート

奥付の見本として、僕がプロデュースした書籍の奥付を一つご紹介します。

タイトル、発行日などの他に、装丁や本文デザイン・DTP、イラストや僕(出版プロデューサー)も企画協力という形で入れてくださってます。

つまり製作にかかわった人の名前全部載せますパターンですね。

デザイナーさんや僕らプロデュースの人間は、奥付ではなく「前付」(本文の前、たいてい目次の最後)に掲載していただくことが多いです。

珍しいケースだったのでこちらをご紹介しました。

まとめ

奥付の意味や歴史を知ることは、思いがけず日本の出版の歴史を辿ることになりましたね。

かの有名な大岡越前からはじまり、第二次世界大戦を契機に「規則・ルール」から「習慣」として根付いていったと。

習慣なので「これがないと奥付ではない!」というものではありませんが、

責任の所在という意味があるので、関係者の名前や連絡先を入れつつ、本ごとに入れるべきかそうでないかを判断するのがよさそうです。

落丁についての記載がない出版社ありましたし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

増刷率90%。平均部数49,000部。

奈良県出身 同志社大学卒業後、学習研究社(現・学研ホールディングス)入社。
書店促進部を経て、一般書販売課へ配属。2つの編集部を担当し、年間最大400冊のマーケティングを担当。
膨大な点数を扱いつつ、新人著者の売り伸ばしや仕掛け販売に注力。
上原愛加のプリンセスレッスン(シリーズ100万部突破)などの売り伸ばしに成功する。その後、出版プロデューサーとして2010年に独立。

『血流がすべて解決する』(23万部)『奇跡の営業』(6.3万部)など主にデビュー作をプロデュースし、ベストセラーへと導く。

業界では数少ない、出版社マーケティング部出身の出版プロデューサー。

業界の活性化を目的として、版元・書店との人脈を活かした合同勉強会や、新卒向けにメディア就活ボランティアも行なう。

「営業だったからこそ、著者・出版社・書店に提供できるモノがある」と増刷ロジックや書店巻き込みマーケティングを駆使したプロデュースを行う。

本は読者のためにある。という考え方から「ブランディングの為に本を出したい」とおっしゃる方には、笑顔でドロップキックをプレゼント(笑)


新着記事

セミナーバナー