信じる

すごくきれいにライトアップされたビルを背景に撮影した瞬間、消灯時間になった出版プロデューサー西浦です。

先日、出版TIMESとして初めての出版セミナーを行いました。そのセミナー中も懇親会でも質問されたのが「良い編集者の選び方」というテーマ。

本づくりにおける編集者の重要度を理解しているからか、みんな気になるようです。

たしかにこれはプロでないとわからない領域ですよね。僕も、もし自分が関わった本が映画化されるとしたらどの監督がいいのか、どの演出さんがいいのか、さっぱりわかりません。ですので結局は映画プロデューサーにいろいろアドバイスをもらうと思うし紹介を頼むでしょう。

出版においては、おかげさまで増刷率や平均部数を高く維持できていることから、僕はたぶんかなり良い編集者選びができていると思います。素晴らしいマッチング能力。自画自賛。

この編集者選びのポイントについて、西浦が実際に判断基準としているポイントをご紹介します。

信じてついていく気になれる人

いきなり結論ですが、あなたが「この人を信じてついて行こう」と思える編集者を選んでください。その人があなたのベスト編集者です。

とある少女マンガ編集者から聞いたのですが仕事のできる上司から「作家に対して、編集者は最高の彼氏たれ!」と教わったそうです。

しかるべき時に叱り、あるいは褒めて、やる気と作品のクオリティを維持する。作家と作品と読者の未来を真剣に考えて、全力でこの道を一緒に進もう、いや黙って俺についてこい、と言ってくれる「この人に一生ついて行こう」と思えるようなパーフェクトな彼氏を思い浮かべてください。そういう人がベストな編集者です。

女性作家にとって女性編集者こそが男前なプロ彼氏になれっていうことでこの話を教わったのですが、むしろこれは著者と編集者の性別関係なく「プロ彼氏」がイメージとして良いと思われます。

(一応触れますが、パーフェクトな彼氏像は人によって違うものの、今回のケースでは割と古風な「俺についてこい」を理想イメージとして採用)

 

もちろん、この例は少女漫画家さんと担当編集者の話なので、実際に僕やあなたが関わる一般書・実用書とは違う部分もあります。

漫画家さんとかミュージシャンとかナイーブな人多いですし、心の支えが必要な部分が大きいのでしょう。だから「彼氏」という表現になりますが、一般書の場合はそこまで彼氏感は不要です。

ただ、共通項として「ついて行こう」と思える信頼感が大切だと思います。変に編集者と交渉しようとする著者もいますが、そんな「交渉しなきゃいけない相手」だったら最初から組まない方が良いのです。

あ、印税の交渉は別ですけど。

 

編集者との仕事の進め方

 

著者と編集者は、馬主と騎手の関係と似ていて、自分の馬(本)に乗ってレースで勝負してくれるのが編集者です。

どの騎手に乗ってもらうかはものすごく重要ですが、レースが始まってから「もっと前へ行って!」「まだ勝負仕掛けるのはやくない?」とか、LINEしてくる馬主なんて迷惑なだけでしょう。

編集者が決まったら、その人の実力を信じて、自分は自分のベストを尽くすのが結果的に効果を最大化します。

僕自身、企画をお願いする編集さんは、皆さん憧れの人だったりします。自分は出版プロデューサーなので、本は書かないわけですが、もし自分が著者になるならこの人に担当してほしい。そう思える人にご相談しています。

だから自分の作りたい本のイメージを押し付けるというよりは「この人なら自分をどう料理してくれるんだろう?」と、喜んで「まな板の上の鯉」になるのがベストです。

ただ「まな板の上の鯉になれ」というのは何もマグロになれってことではありません。

受け身ではダメで、企画書や原稿といった材料に活きの良いものを提案するのは必須だし、販促プランも考えて「こういうことできるよ」「〇〇さんとコラボの話も進められそう」と提示する、求められたものとは別の角度の言葉も投げてみるなど、コミュニケーションはたくさん取りながら、一緒に進めていくと良いでしょう。

究極的には「ついて行き方」も人によります。提案全部ムシの人もいれば、割と聞きたい人もいるのでその辺は空気を読みながらついていきましょう。

 

とは言え編集者選びを間違えていたら?

100%信じろ。

としか言ってないので、「信じた相手が間違ってたらどうしよう?」という不安もあるでしょう。

それも恋愛と一緒です、初めての彼氏や彼女がだめんずで無い保証はありません。

口では良いこと言うし、SNSではすごそうだけど実力はどうなんだろう・・・という人もやっぱりいますから。

ですので「ついていきたい」以外にもう一つポイントを教えますと、「読者目線の質問が上手な人」です。

編集者と著者が互いにほれ込み過ぎて、「良い本にしよう!良い本にしよう!」と議論を尽くして作っても「二人にとって」良い本になってしまうことがあります。

企画の相談をしながら「とはいえ、これだと分かりにくいと思うんだよね」と読者目線で踏み込んだ質問をしてくれる編集者だと、この心配は少なくなります。

料理で言う「『塩少々』の少々ってどれくらいだよ!」「目分量でわかるかぁ!」って言ってくれる方です。料理本を作るなら、料理音痴の気持ちが分からないとダメなのです。

 

もし、ここまでしてもまだ良い編集者に出会えていない、売れない・・・だめんずばっかりだと嘆くあなた。

基本的にだめんずうぉーかーにはそうなる理由があったりします。

  • あなた自身はちゃんと高い志をもって本を出版したいと思ってますか?
  • 優秀な編集者が「この人の本出したい」と思えるような実績や企画を持っていますか?
  • 優秀な編集者が「編集者人生賭ける」くらいのものを、あなたはその本にかけていますか?

忘れないでください、あなた自身が企画の中心です。あなたにふさわしい人がパートナーになるのです。

仮に売れなかったとしても、その編集者を非難するのは少し品がない。少し前までその人とあなたはお似合いのカップルだったはずなのです。

別れた相手を悪く言うのは男も女も美しくありませんね。

最高の彼氏編集者をゲットするために、まずは自分磨きをするのが一番の近道かもしれません。

 

ついて行きたいと思えないなら、その編集者と本なんて作るな!

すごくきれいにライトアップされたビルを背景に撮影した瞬間、消灯時間になった出版プロデューサー西浦です。 先日、...

西浦です。

起業当時からお世話になっている、中井先生に誘われ飲んできました。

 

中井先生は経営塾を主宰されていて、僕は2010~2011年ごろに受講しました。

飲みの席には他にも3名の元受講生がいて、みんなで楽しく飲みました。

(みんな期は違うけど顔見知り)

 

先生は次の予定があるということで、二次会には行かれず、元受講生4人だけで飲み直しました。

 

そこで話したことのちょっとしたメモです。

「ああ、なんかいい話だなぁ」と思ったので、忘れない内に書きます。

 

厳しくとも嫌いにはならない

4人の中で一番先生と付き合いの長い桑名さんが「僕がいちばん怒られたと思うけど、怒られてもいちばん平気な自信がある」と言ってました。

なにその自慢?と笑いながら聞いてたんですけど、その理由が面白かった。

 

たとえば先生は時間に厳しいし、スジの通らないことをすごく怒ります。

僕もその日、電車遅延で5分くらい遅れて到着したのですが、内心焦ってました。

それについて怒られなかったのでホっとしてましたけど。

 

で、桑名さんですが、先輩に向かってこういうこと書くのも失礼なんだけど、わりといい加減というか、本当にいい加減です(笑)

人としては大好きなんですけど、一緒にスタッフをしたことのある人なんかは「仕事増えるから桑名さんとやりたくない!」というような方なんですね。

 

この桑名さんは先生との付き合いも長く、それはそれは怒られてきたそうなのです。

そうしてる内に「怒られて、嫌になっちゃって、離れたことが2回くらいある」そうです。

これは初耳で、驚きました。

 

怒られたので嫌になったから離れていくって、なんて根性のない教え子なんだろう(笑)と思ったのですが、それでも今こうして一緒に飲んでます。

つまり先生の所に戻ってきてるんですね、しかも二回も。そんな出戻り生徒良く受け入れたなと思いません?

 
桑名さん曰く、

「中井先生は怒るんだけど、その1回で終わり、後に引きずらない。絶対に人のことを嫌いにならないんだよね。」

だそうです。

一度、先生に怒られたときに「わかりました、でも先生、次から頑張ればいいんですよね?」と聞いたら、

「うん、そやで」と言われたそうで、そこからすごく楽になったというか、安心したと言ってました。

 

信じて待つのに必要なこと

「嫌いにならない」って最強ですよね。

僕はどうしても好き嫌いは出てしまうし・・・

特に長く付き合うと、相手の良い部分も見える代わりに、悪い部分も見えて来るじゃないですか。

そうなると嫌になっちゃうことも多いんですよね。「ああ、結局こういう人間なのか」とか。

 

そういうときは、と桑名さんにアドバイスしてもらったのが「信じて待つ」スタンスです。

ジェームス・スキナーから聞いたことを又聞きしたそうなので、伝言ゲーム具合が甚だしいですが。。。

 

相手に不義理をされたり、失礼なことをされても「信じて待つ」ってけっこうな「信頼」を必要としますよね。

一緒に飲んでいた一人は、飲食業のオーナーさんなのですが、ある日店に来たら、誰も出社してなかったことがあったそうです。

 

不満や反発があるからみんなで相談して一斉に辞めたんですね。

辞める手続きもしてないからもはや失踪ですけど、そういうことが出来てしまう人が世の中にはいます。

 

そういう風に考えると、ひょっとしてすごいのは信じて待ってる先生じゃなくて、

信じて待たれてる、僕らなのでは?と気づきました。

ここで自分ホメるの!?って思った方、ちょっと待ってください。

どうかもうちょっとだけ聞いてください。

 

先生が帰った後、教え子だけで二次会をしてて、一切先生の悪口が出ない。

それどころか先生のすごい所に気づいて、話し合う教え子ってすごいなと思ったんです。

 

別に悪口言ってやるぜ・・・!とか思ってなかったですけど、なんとなくのパターンで、こういうときは悪口大会になるんじゃないかと、無意識的に予想してたんです。

 

そしたら「先生は実業やってきたひとだから、言葉に実感こもってるよね」など、良いところを探してるんですね。

きっと僕らは不満があっても突然失踪したりしない側の人間なのではないかと思います。

 

 

中井先生の経営塾は入るときに審査のようなものがあって、誰でも入れるわけではないのです。

そのときに自分が選んだ教え子で「彼らならわかる」「打って響く人間だ」って思ってるから、

信じて待つことができるのかもしれませんね。

 

 

信じて待っててくれる先生がすごいのはもちろんだけど、

信じられる人を選べるということも、すごい能力なんですね。

 


怒られたりするのはみんなたぶん嫌なんだけど、それは正しいから嫌なんだろうなと思います。

だってとんちんかんなことで怒られたら、たぶん笑ってしまうか、あきれ返るだけなので、

「嫌だな」と感じるのはやはり痛いところを突かれるからだと思います。

 

だから厳しいことを言うときは、相手をちゃんと見て「信じて待つ」ことができる相手かどうか見極めて、付き合って行くという姿勢も大事だと思いました。

 

そして、一回自分が信じた以上は最後まで「信じて待つ」ことができる人間になりたいなーみたいなことを、

4人で飲み直しながら思いました。

 

師匠が帰った後、教え子たちが二次会で話したこと

西浦です。 起業当時からお世話になっている、中井先生に誘われ飲んできました。   中井先生は経営塾を...