起業

サーティーワンのことを「バスキン・ロビンス」呼ばわりする外国かぶれは笑えるけど、マグロのことをツナと呼ぶのは許せない出版プロデューサーの西浦です。『向こうはツナが美味しくないんだよねぇ』って言われてシーチキンの話かと思ってたわ!

さて、ボクはまったく真逆の二つのタイプに憧れていまして、一つは「仕事楽しんでるオーラ」出まくりの、パワフルで、自由な、子どもがそのまま大きくなったようなタイプ。もう一つは穏やかなオーラで相手を包み込んでしまう、長老型マネジメントでメンバーを育てる優しいおじいちゃんみたいなタイプ。

個人的には後者の方がなるのは難しいように思うのですが、僕の知っている中で一番、後者のタイプだと思うのが、今日ご紹介する呼吸を変えると、人生が良くなるの著者、倉橋竜哉さんです。(おじいちゃんという意味ではない)

倉橋さんはすごく優しい、穏やかな雰囲気の人で、周りにたくさんの人が集まる方です。ボクらの「紹介限定会員制出版勉強会BSC」のメンバーにも彼の紹介で入った方がいますが、心から信頼されているのがわかります。いわゆる人格者なのだろうと思っていました。

でも数年付き合って分かってきたのですが、彼自身はすごく頑固なところがあるし、自分の信念は絶対曲げない人です(笑)。

普通はそういう人は角が立つし、まわりの人に威圧的な印象を与えてしまう瞬間があると思うのです。しかし彼にはそれがない。なぜかなーと思っていたのですが、それは持って生まれた人格ではなく、本書で紹介されている「呼吸法」に秘密があるということがわかってきました。

どんな本なのか

日本マイブレス協会の倉橋竜哉さんが書かれた「呼吸法」に関する2冊目の本。「人生の流れを変えるための呼吸」がテーマ。ちなみに前作呼吸で心を整えるは西浦プロデュースで、「呼吸」という類書の多い題材でありつつも、デビュー作ながら35,000部のヒット作(→自慢&宣伝すいません)。

人生の流れを変える「心体放流願」の呼吸法

すごい必殺技みたいな名前ですが、これは呼吸法の名称です。変わりたい、こうなりたいという願いを、呼吸の力で叶える方法ですね。「心・体・放・流・願」それぞれ一字ずつに個別の呼吸法と効果、この順番である意味があります。

  • 心—運を高める「ツキの呼吸」
  • 体—体を癒す「見つめる呼吸」
  • 放—自分と他人をゆるす「ゆるしの呼吸」
  • 流—世の中の流れを乗る「合わせる呼吸」
  • 願—願いを叶えやすくする「思いを描く呼吸」

それぞれの呼吸法を通じて、願いを受け取りやすくする「準備」をします。準備が整っていない人にチャンスが巡ってきても、それをつかむことが出来ないからです。

白隠禅師が伝えた、癒しの呼吸「軟酥(なんそ)の法」

例えば体を癒す「見つめる呼吸」ですが、古くは江戸時代に、白隠禅師が伝えたとされる癒しの呼吸「軟酥(なんそ)の法」を呼吸法初心者向けにアレンジされたものです。

「駿河には過ぎたるものが二つあり 富士のお山に原の白隠」と言って賞賛された高僧・白隠禅師は、「臨済宗中興の祖」や、「500年に一度の名僧」と言われているそうです。そんなすごい方が、心と体の癒しのために広め伝えたのが「軟酥(なんそ)の法」です。

江戸時代、「禅病」と言って、禅の修業が厳しすぎて体と心を病み、命を落としてしまう者もいたそうです。白隠禅師自身も、若いころに禅病で命を落としかけたのですが、禅病で死ぬものをこれ以上増やさないようにと伝え広めたという、非常に由緒正しい呼吸法(瞑想法?)です。

見つめる呼吸

その「軟酥(なんそ)の法」を僕らのような一般人にも使えるようにしたのが「見つめる呼吸」です。

  1. 体の力を抜いて、リラックスした状態で、できるだけ細く長くゆっくりと息を吐く。2、3秒止めて、力を抜いて吸って…という呼吸のサイクルを繰り返す。
  2. 呼吸のサイクルに合わせて、一呼吸につき一か所、体の「部位」に意識を向けていく。
  3. 自分の体を一通りいたわることができたら、あるいは、途中で眠ってしまったら、そこで終了。

姿勢は、立っていても、座っても寝ていてもOKで、目は閉じても開けても大丈夫ですが、閉じた方がやりやすい人が多いとのこと。呼吸は吐くところからスタートし、口からでも鼻からでも吐いていいので、吸うときは鼻から吸いましょう。意識を向ける箇所は「頭から目、鼻、耳・・・」と下がっても、「つま先から、ふくらはぎ、ひざ・・・」と上がっていっても良いですが、頭、つま先、肩・・・のように行ったり来たりするのは良くないです。

またリラックス効果が高く、すぐ眠ってしまう方が多いため、入眠の効果もあるようです。あんまり寝られない方には特におすすめですね。ボクも以前、倉橋さんの呼吸法セミナーで「見つめる呼吸」を体験したのですが、たしかに疲労回復効果がすごく感じられて、ちょっとビックリしたのを覚えています。

ゆるせない人は、相手に支配されているのも同じ

3つ目の呼吸法「ゆるしの呼吸」の中で、最も重要なポイントは「最初にゆるすと決める」ことだそうです。自分がやりたいけどできないでいることや、他人にされてゆるせないでいることを「私は自分が〇〇できないことをゆるします」「私は〇〇さんから〇〇されたことをゆるします」と「ゆるせない」内容を言葉にして、それをゆるすと宣言します。

ただ言葉にするだけなのに、ここに抵抗を感じる人がいます。でも、まだ心からゆるせていなくても、本当に許せるかどうかわからなくても、「今からゆるそう」と決めることが大事です。

自分は被害者なのに、相手はまだ十分に償っていないのに、と考えてゆるせないのだとしたら、「ゆるし」の可否を決める権利が相手に委ねられていることになります。つまり相手にコントロールされている状態です。

しかし、相手の謝罪があろうがなかろうが、「ゆるす」「ゆるさない」は自分自身で決めることができます。「謝罪がなければ許せない」というのはこれからもずっとゆるせない相手に、心を支配されることになり、ゆるせない出来事と合わせて、二重の苦役です。「相手に苦しめられ続けるのはバカバカしい」と思えるなら、まず「今からゆるそう」と決めましょう。

ボク自身も、恨みを「臥薪嘗胆」よろしくかみしめ続ける、暗~い部分があったりするので、すごく心に刺さりました・・・苦笑

ダメなおっさんでも心穏やかな成功者になる方法

著者である倉橋さんは、この「ゆるしの呼吸」や、「ツキの呼吸」(※詳しくは本書でご確認ください)で慢心を消すなど、呼吸法で常に心に余裕を抱いているからこそ、器の大きい自分でいられるのだと思います。

実は彼は今でこそ呼吸法で成功していますが、かつては自分の会社を潰しています。事業のストレスで激太りし、脂肪だけでなく借金も抱えたため、フリーターとして借金返済していた時期がありました。コンビニや居酒屋バイトで学生から「ダメなおっさん」「いい歳なのに使えない」と陰口を言われながらも、『なぜ自分は失敗したのだろう』と考え続けたそうです。

そして『失敗した人間が一人で考えてもわからない』と思い至り、成功者へのインタビューを開始。「自分と成功者の違い」を探っていった結果、特に「長く成功している方」には独特の息づかいがあることに気づきました。彼らもまた呼吸法の実践者だったのです。

こうして会社を潰して、借金だらけで、フリーターをしていた90キロ台のダメなおっさんは、今ではすごく穏やかオーラを持つ、60キロ台の成功者になりました。

この本はノウハウとしての呼吸法を紹介した本ですが、倉橋さんから「かつての自分と同じように苦しんでいる人」への応援歌でもあるのだと思います。

本の出版をお考えの方へ

【書評】呼吸を変えると、人生が良くなる【ダメなオッサンが心穏やかな成功者になる方法】

サーティーワンのことを「バスキン・ロビンス」呼ばわりする外国かぶれは笑えるけど、マグロのことをツナと呼ぶのは許...

どうも、出版プロデューサーの西浦です。

僕の今年の目標の一つ、それが出版プロデューサーを5人集めて「出版戦隊プロデュージャー!」を結成することです。

ウソです、ごめんなさい。戦隊は結成しません。けれど出版プロデューサーの仲間を増やしていきたいと思っています。まずは僕を含めて5人にするというのが目標です。

 

出版プロデューサーとはどんな仕事なのか

本をプロデュースしてベストセラーにする仕事です。そのまんまです。フリーランスの多い出版業界でも、一番新しい職業なんじゃないでしょうか。著者自身がフリーランスなわけで、出版業界はフリーランスが生きていくのに非常に環境が整っていると思います。

出版プロデューサーの仕事内容

  1. 著者のスカウト(発掘から)
  2. 企画をつくる(企画書にする)
  3. 出版社に提案する
  4. 著者の原稿執筆にアドバイスする
  5. 販売戦略を著者に提案して実行

上記の5つで、これを通じベストセラーにしていくのが目標です。ベストセラーにするのに販促だけやればいいわけではなくて、企画はもちろん著者の発掘から逆算で考える必要があります。

もちろんこれはうちの仕事のやり方なので、編集者と著者とを引き合わせるだけのプロデューサーもたくさんいるそうですし、もっとブランディングとかそっちの方に特化したプロデューサーも世の中にはいると思います。うちの仕事は「出版に関して全部」という感じです。最近は「感動の共有」が最大の関心毎で、本の「感動」を共有していくためならどんどん新しいことにチャレンジしたりもしてるので、フレキシブルな面が強いです。

出版プロデューサーのやりがい

この仕事は本当に面白くて、「これは新しい!」「この考え方、世の中に広めたい!」と自分が「感動」したものを、「本」という形でより多くの人に伝えることができます。世の中的にはまだマイナーでも、その業界では知られているすごい方や、すごいムーブメントはやっぱりありまして、それを見つける喜びは宝さがしに似ています。そういう本の著者は人間ができていて、かつ個性的だったりすることが多く、一緒に仕事するのも楽しいです。ブランディングのために本を書こうという人は、そういう方の中にはいないですね。それに編集さんたちもかなりキャラの濃い方が多く、楽しいです。面白い著者や編集者と会うと「この人とあの人を会わせてみたい」「あの編集さんとこの著者ならいい仕事になりそう!」と自分が仕事したい人と組めるというのもすごい魅力だなと思っています。100名近くの編集、営業、書店、取次関係者と定期的にあったり仕事したりしているのですが、みんな個性的で何より本を愛していて、本に対して熱い人ばかりなので一緒にいられるだけで楽しいです。(飲みが多い原因はこれか)

最大のやりがいは「本を通して、読者の悩みを解決できること」です。僕はたいした人間ではありませんが、著者や出版社、書店など多くの方の力を借りて、何万人という方を助けることができるのです。僕自身もそうやって誰かが作ってくれた本にずいぶん助けてもらってきました。自分がプロデューサーとしてたくさんの人を繋いで、その結果として生まれた本が「見知らぬ誰かを助けるしくみ」になる。これは本当に生まれてきた意味と言っても過言ではないです。その本が僕の孫やひ孫を助けてくれることもあるかもしれません。自分が死んでも、自分がプロデュースした本は残ります

僕が世界でいちばん面白い仕事の一つだと思っているのが「出版プロデューサー」です。

 

出版プロデューサーを増やしたいわけ

プロデューサーは一人でもできるのですが、すべての面白い著者を一人で見つけてくるのは物理的に不可能です。僕のメガネでは見つけられないすごい人もいるでしょう。そういうまだ出会ってないすごい人たちにも、プロデューサーの数が増えれば出会うことができます。実験的にはじめた0期生のプロデューサーたちが、僕とはまったく出会うことのなかった面白い方を連れてきてくれました。スカウトは人数が多い方が絶対に効果的です。何より誰かと一緒に仕事をする、共通の目的・目標に向かって努力したり助け合えたりするのは楽しいですよね。ぶっちゃけた話、一人は寂しいです(笑)

「僕が」プロデュースした本が売れたときはもちろん嬉しいです。著者や編集さんと大盛り上がりできます。打ち上げも楽しいです。けれどさらに欲張って「Aさんのプロデュースした本売れたね、おめでとう!」と言いたくなりました。サプライズパーティとかやりたいんです(笑)「やった!」もいいですが「やったね!」を今年はたくさん言いたいです。

向いているなと思うタイプ

  • 本が好き
  • 人が好き
  • 人に貢献するのが好き
  • コミュニケーションが得意
  • 決断力がある
  • 自分じゃなく著者をどうやって前に出すか考えられる人

人と本に深く関わる仕事ですから、本にも人にも愛がある人が向いています。

ガイダンスへお越しください

興味の湧いた方はぜひガイダンスにお越しください!ガイダンスと言っても実際は西浦と2人~4人でお茶飲みながら話すだけです。初めましての方も歓迎です。

出版プロデューサーは複業OKです。もちろん未経験で大丈夫です。(経験者なんてほとんどいないと思うけど・・・)

年齢制限や性別の縛りはありませんが、今のプロデューサーは僕も含めて30代が多いです。

まずは「ガイダンスお茶会」へお越しください

お待ちしています!

ガイダンス日程一覧

出版プロデューサーになるには?

出版プロデューサーとは?

出版プロデューサー募集!

どうも、出版プロデューサーの西浦です。 僕の今年の目標の一つ、それが出版プロデューサーを5人集めて「出版戦隊プ...

皆様、はじめまして!

駆け出したばかりの出版プロデューサー、白木加奈子と申します。

今日は、少し自己紹介と、出版プロデューサーを目指したきっかけを
お話ししたいと思います。

 

自己紹介


白木加奈子

日本生まれ、ロサンゼルス育ち、特技は英語、趣味はフラメンコのグローバル女子。
大学卒業後は、IT会社で外資系企業向けのヘルプデスクやインストラクター、
IT運用改善を約10年務める。けっこう受け身な仕事だったので、
起業したいと思いMBA取得を目指して勉強スタート。

しかし、MBAを取得しても自分が何で起業したいのか?何の目的で起業するのか?
を明確にしていないと意味がないと感じ、小さくてもいいから個人で仕事をしてみようと
思い2015年に会社を辞め、独立。

フリーランスとして、カウンセラーや英語講師、エステティシャン、司会業、
企業マーケティング、広報、営業などを幅広く経験。
その結果、人の可能性を引き出す仕事がしたいと強く思うようになる。

2016年、知人の紹介で出版プロデューサーの西浦氏と出逢い、
出版プロデューサーとしてのキャリアをスタート。慣れない出版業界の
ことを勉強しつつ日々成長中。


 

ここまで書いてみましたが、
めちゃくちゃ好奇心旺盛で知識欲の塊のような人間なんです。
あれも知りたい!これもやってみたい!
10年間同じ仕事を真面目にしてきて、ドバドバっーーーーっとダムが
決壊したかのように、様々な業界や仕事にチャレンジしてきました。

 

独立して気づいたことは、やってみたらなんでもできる!
自分にむいていないな~なんて思ったことも、やり方を知らなかっただけ!
真剣に向き合うチャンスがなかっただけ!と感じました。

 

そして出会ってしまった、出版プロデューサーの仕事。

 

これは私にとって、恐らく最大のチャレンジであり、
不安もまだまだいっぱいのお仕事です。

 

出版プロデューサーを目指そうと思ったきっかけは….

私のやりたい「人の可能性を引き出す」仕事だと感じたからです。

 

出版プロデューサーは
「人の可能性を引き出す」仕事なのか?


私は、カウンセリングをしている時に、クライアントは自信がないことが
多く、自分の本当の魅力や良さに気づいていないことが多かったです。

 

話しを聞き、その人が本当にやりたいことや思いを聴いているうちに、
相手の思考が整理されたり、考え方が変わって良い方向に事が進んだ
という経験がたくさんあります。

その時に、人は自分ひとりでは、自分の可能性に
気づきにくい傾向にあるのだと感じました。

カウンセリングはもちろん、相手の可能性を引き出すことができる
とても素晴らしい、やりがいのある仕事なのですが、
1対1でしか対応することができません。

 

出版プロデューサーの仕事に魅力を感じたのは、
この仕事なら「もっと多くの人の可能性を引き出せる!」と感じたからです。

それは、著者と読者の両方を意味しています。

 

まず、著者は人の役に立つであろう情報をたくさん持っていて、
それをどうにか多くの人に伝えたいと思っていると思います。

 

でも、どうやったらそれができるのか?がわからない。

 

そんな時に、出版プロデューサーとして
どうしたらその情報が多くの人の目に留まるのか?
どうしたらその情報が多くの人に楽しんで読んでもらえるのか?
を一緒に作り出していくことができます。

まさに、著者の可能性を存分に引き出すのが仕事です。

 

また、その先にいる読者はどうでしょうか?

 

1冊の本で人生が変わった!
この本のおかげで体調がよくなった!
考え方が変わって、心が軽くなった!

 

こんな経験が皆さんにもあるかと思います。
何万人もの人が手にとり、人それぞれ感じ方は違えど何かその人の
可能性を引き出すきっかけになるかもしれない!

著者、読者両方の可能性を引き出せる仕事ってとても魅力的だなと思います。

 

まだまだ、未熟者ですが
自分の初心を忘れず、素敵な本を世の中にたくさん送り出せるように頑張りますので、
今後ともよろしくお願いします。

自己紹介と出版プロデューサーを目指したきっかけ【白木加奈子】

皆様、はじめまして! 駆け出したばかりの出版プロデューサー、白木加奈子と申します。 今日は、少し自己紹介と、出...