第8回ニシュランガイド『グラスホッパー』伊坂幸太郎 9月26日開催決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日はスーツでセミナー参加なのですが、帰省で1キロ以上太ったのでちゃんと着れるのか不安な出版プロデューサー西浦です。

さて、毎日更新122回目。

「生きることに慣れてはいけない」「本に感動したら、そう感じた自分の心の中に素晴らしさがある」を合言葉に開催している『ニシュランガイド』を9月26日に開催します!

しかも今回で第8回です。結構やってきたなー。

さらに年末スペシャル回に向けて密かにプロジェクトが動き出し始めました!

そちらもご期待ください!

『グラスホッパー』(伊坂幸太郎)がメイン本に決定!

ニシュランガイドでは毎回メインの本を決めるのですが今回は超有名作!

伊坂幸太郎先生の『グラスホッパー』が登場します!!

画像クリックでAmazonへ遷移します

 

言わずと知れた伊坂幸太郎先生の代表作。『マリアビートル』『AX』と続く「殺し屋」シリーズの第1作。同名で映画化もされました。

「殺し屋」がたくさん出てくるお話なので人は死にます。でも淡々と仕事をこなしていく描写は、そこまで残酷だったり、「痛い」表現はないので、苦手な方にも安心です。

「死」の描写は非常に他人視点の、いわゆるカメラ目線で行われます。まさに描写であって、そこに感情はない。

だから、逆に読んでて重くない、辛くない。そしてそれこそが本書に独特の雰囲気をもたらしているなぁと感じます。

その上、ストーリー構成、伏線が素晴らしく何度も「ハッ!」とさせられます。無駄な話がひとっつもない!

スピード感あふれるストーリー、魅力的な登場人物たちをこの機会にぜひご一読ください。

 

本作をメイン本に選んだのはゲストのHさんで、彼女はけっこうな本好きさん。しかも西浦と本の好みも合いそうなので、どれだけ盛り上がるか楽しみにしています。

メインの本は決まっているのですがテーマとしてはまだ決めてなくて、ちょっと悩み中です。

「〇〇なミステリ」のような切り口にするか、Hさんがおっしゃっていた「この本は自分にとってある意味『はじめて』な本だった」という感想が耳に残っているので「こんな〇〇初めて!」みたいなテーマで切ってみようかとも思っています。

そっちの方が色気ありますよね?(笑)

そんな色気のある詳細とお申込みはこちら

(facebookのイベントページへ飛びます)

12月にニシュランガイド年末スペシャル開催決定

最後に、12月9日12時~で第9回ニシュランガイドを年末スペシャルで開催します。

昨年は

  • 「普通とは何か?」を考える2017年おすすめ本ベスト3+α

と題して年末年始のお休みに読んで欲しい本をご紹介しました。

帰省のお供に!「普通とは何か?」を考える2017年おすすめ本ベスト3+α【ニシュランvol.5レポート】

今読み返しても、うまくまとめてあるなぁ・・・(自画自賛)

今年も同じことをやっても良かったのですが、今回は年末スペシャルということで趣向を変えてみようと思っています。

2018年刊のオススメ本を紹介するという点では変わりありませんが、色々変えてみようかと。

まずは会場を変えます!

今日、会場さんと打ち合わせしてきたのですが50~60名くらいで心地よく、すごくいい雰囲気で開催できそうです。

せっかくなので忘年会としても開催したいなと思っています。お楽しみに!

増刷率90% 平均部数48,000部の出版プロデューサー。

奈良県出身 同志社大学卒業後、学習研究社(現・学研ホールディングス)入社。書店促進部を経て、一般書販売課へ配属。2つの編集部を担当し、年間最大400冊のマーケティングを担当。膨大な点数を扱いつつ、新人著者の売り伸ばしや仕掛け販売に注力。上原愛加のプリンセスレッスン(シリーズ100万部突破)などの売り伸ばしに成功する。その後、出版プロデューサーとして2010年に独立。

『血流がすべて解決する』(22万部)『奇跡の営業』(6.3万部)など主にデビュー作をプロデュースし、ベストセラーへと導く。

業界では数少ない、出版社マーケティング部出身の出版プロデューサー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Written by

西浦 孝次

増刷率90%。平均部数44,000部。 「血流がすべて解決する」(18万部)「奇跡の営業」(6.3万部)などデビュー作をベストセラーにプロデュースするのが得意。 おそらく業界で唯一、出版社マーケティング部出身の出版プロデューサー。好きな食べ物は炒飯。