本のマーケティングやコミュニティにpinterestが面白いかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket



pinterestって?

コルクボードに興味のある(interestな)ものをピン(pin)でとめたりするじゃないですか、それをweb上で再現しましたよっていうものです。たぶん。web上にある画像をどんどん貼り付けていくことで、いわゆるビジョンボードができあがる。機能の一つに「試してみた」っていうのがあるので、たぶん作り手側の意図もそこにある気がします。このサービスについての基本的な話はこの記事がわかりやすいです。

たとえばこんなイメージです。西浦の「気になる本とか映画」のボード

「おっぱいの進化史」知り合いの編集さんがシェアしてて、「ウケるwww買おう」と思ったんだけど、こういうの3歩歩いたら忘れるから、ボードにpinしとくと良いですね。あと映画も「何か観たいのあったんだけどなんだっけ?」が多い。

 

本のマーケティングに利用できるかも

「出版TIMESの記事をみんなで書くときに、イメージの共有できないかなー?」とか考えながら、なんとなーくいじってたら「映画マイ・インターン」のボードに目に止まったのでチェック。

この映画はpinterestを使って作られたそうです。そこで「メイキング」と「メディア」というボードを発見したときに「あ、これって本向けなんじゃないかな?」と感じたのです。

共につくる、共有することが出版では重要

出版TIMESをはじめた理由の記事でも書いたのですが、出版には音楽のLiveのような共有体験をしづらいという弱点があります。まだ書店さんや出版社内部の人は巻き込みやすいのですが、どうやって読者の方まで巻き込んでいくかを模索してます。その答えの一つがまさに「メイキング」で、好きな映画のメイキングシーンに自分が見切れてたら僕は嬉しいだろうなと思うのです。そんな経験ないけど。

 

メイキングのボード

メイキングの様子をピンで留めて、ボードに残していきます。発売前、執筆中から読者と交流してみて、その様子を残していきます。ファン心理的に「メイキング」ってすごく嬉しいし、そこを共有できると良いなぁと思うんですね。

制作過程のオフショットを見てもらえる。デニーロおちゃめ・・・

メディアのボード

発売後の情報をまとめます。セミナーなどイベントの様子、紹介されたweb記事、instagramをpinしていきます。

 

メディアでの掲載記事やinstagramがpinされている。各pinからはリンク元へ飛べるので記事の回遊も見込めるかも。facebookはpinできないっぽいけど、インスタは対応してる(右から3、上から3つ目のpinとか)のでありがたい。

このpinterestがすごいなと思うのは、イベント参加者のブログ、書評ブロガーの書評など自分以外の人のコンテンツもpin留めできることです。つまりそのボードはある本のコンテンツ・考え方に、共感・感動した人たちを繋ぐボード「コミュニティボード」になります。個人個人のSNSでシェアされたものも集めて、一つのボードにすることでみんなで作ってる感じ出てきそうじゃないですか?一緒に作るのは本ではなく、ムーブメントだと思うのです。

メリット・デメリット

  • ◎共有機能が強い!ボードは誰でも見れる設定になっています(招待した人のみ、自分のみにも変更可)。フォロー機能あり、メールで送ることも可能。何より他人の写真等にも無差別でpinできるのがいい。
  • ◎コミュニティの雰囲気を伝えやすい! facebookグループとかだと文章だけのやり取りになりがち、写真等も流れてしまいがち。コミュニティの雰囲気を新規の方と共有するのにいいと思います
  • ×facebook非対応 HTMLじゃないとダメらしい。著者はfacebook派多いですし。instagram対応してるのでそちらで。
  • ×記事のタイトルにpinすると文字化けする 記事のタイトルでpinできると良いのですが、なぜか文字化けします。これはいずれ対応してくれるのか?今は記事内の写真をpinしていきましょう。より「わかりやすい写真」が必要になってきますね。

 

本の販促や、コミュニティの活性化に使えるかも?ということで紹介してきましたが、普通にメモ代わりとしても有用だと思います。SNSなどで「後で読もうと思った記事」や「観たいなと思った映画」は後から思い出すのにけっこう苦労するので、pinしておくと忘れません。

また家族で住みたい家のイメージ共有に使ったりもできますね。僕は引っ越しのときに妻とコルクボードでインテリアのイメージ等を貼り付けて「お家ボード」つくったりしましたけど、良いものですよ。お互いの趣味やセンスがよくわかります。

 

いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに作ってみました「本を楽しむ会」のボード

 

なんだか楽しそうでしょ?『いい会だな~』と、自画自賛しながら作ってました笑

増刷率90%。平均部数49,000部。

奈良県出身 同志社大学卒業後、学習研究社(現・学研ホールディングス)入社。
書店促進部を経て、一般書販売課へ配属。2つの編集部を担当し、年間最大400冊のマーケティングを担当。
膨大な点数を扱いつつ、新人著者の売り伸ばしや仕掛け販売に注力。
上原愛加のプリンセスレッスン(シリーズ100万部突破)などの売り伸ばしに成功する。その後、出版プロデューサーとして2010年に独立。

『血流がすべて解決する』(23万部)『奇跡の営業』(6.3万部)など主にデビュー作をプロデュースし、ベストセラーへと導く。

業界では数少ない、出版社マーケティング部出身の出版プロデューサー。

業界の活性化を目的として、版元・書店との人脈を活かした合同勉強会や、新卒向けにメディア就活ボランティアも行なう。

「営業だったからこそ、著者・出版社・書店に提供できるモノがある」と増刷ロジックや書店巻き込みマーケティングを駆使したプロデュースを行う。

本は読者のためにある。という考え方から「ブランディングの為に本を出したい」とおっしゃる方には、笑顔でドロップキックをプレゼント(笑)


新着記事

セミナーバナー