ある出版プロデューサーの本音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

著者に対する本音を言います

大きい夢を叶えるために 本を書いてほしい

貴方のその大きい夢を実現するための

「鍵」になる本を作ってほしい

どうか本の出版そのものを 夢にしないでほしい

 

僕は子どもの頃に 本を読んで人生が変わりました

本には人生を変える力があると思いました

20年以上経った今でも 本には人生を変える力があると思っています

読者の人生を変える力

著者の人生を変える力

本に携わっている人の人生を変える力

 

貴方と読者の夢を叶える本に 僕らの夢も一緒に乗せてほしい

 

夢にはいろんな夢があると思います 欲と言い換えてもいいです

本を書いて

ブランディングしたいとか

売上アップにつなげたいとか

夢の印税生活を送りたいとか

 

そういう自分のことしか出てこない人の

小さい我欲のための本作りには関わりたくない

 

特にブランディング目的の出版は 誰に対しても失礼だと思う

読者に

編集者に

一緒に本づくりをする人に

本というものに愛情や敬意を持っているすべての人に

そして、あなたの偉大な可能性に対しても失礼でしょう?

 

少なくともそんな本づくりを僕がするわけにはいかない

売れるということにこだわってきたのは

あなたや 読者や 僕の 可能性を

小さくまとめてしまうためではないのです

本は人の人生を変えられる その可能性を証明し続けるために

一人でも多くの読者に届ける方法を研究してきたのです

 

僕がやりたいのは

ブランディングとか売上アップとか

そういった夢は すでに達成して来た人のための本作りです

 

自分のジャンルでしっかり実績を出し 業界内でも有名になった

このままでも

自分や周りの人の幸せ だけ を考えるなら

楽しく過ごせそう

 

だけど

このまま小さく終わる気になれない!

もっとたくさんの人に!もっと広く!

自分の声の届かない所まで

自分の知識やノウハウを広めたい

遠くで困っている誰かが

楽しい人生を過ごせるよう

届けたいメッセージがある

 

それぐらい大きな欲で動いている人

衝き動かされている人

自分の大きな夢を叶えることが

読者やその周りの人の夢を叶えることになる

そんな人の本だけを

プロデュースしていきたい

あなたが今 夢見ている

大きな未来が 実現する世界を一緒に描きたい

 

出版はあなたの描く理想の世界を

多くの人に拡げていくことです

僕はそういう世界をあなたと一緒に作っていきたいんです

個人の小さい欲のために作る本には

全くワクワクできません

あなたの可能性をもっと信じてみてください

小さい欲ではなく 大きい夢の方が叶うとしたら・・・

想像しただけで 心が 熱くなってきますよね

 

僕はあなたと編集さんと

一緒に打ち合わせしながら

 

この本が出たらきっとみんな驚きますよー!

これは世の中をほんの少し 本当に変えてしまうかもしれない!

 

そんなふうに妄想しながら話している瞬間が大好きなんです

 

僕は棚ぼたの天才なので

あなたが積み上げてきたものを本という形に結実させて

次のステージへ あなたと読者を連れて行くことができます

 

僕のところにいらした方は 次のステージにいく準備ができているんです

あなたが今まで積み上げてきたものをすべて出し切って

僕らと一緒に 次の世界へ 一歩踏み出す準備ができたんだと思いますよ

 

出版セミナーin東京【大手出版社の元マーケターが売れる本の秘密を公開】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

増刷率90%。平均部数49,000部。

奈良県出身 同志社大学卒業後、学習研究社(現・学研ホールディングス)入社。
書店促進部を経て、一般書販売課へ配属。2つの編集部を担当し、年間最大400冊のマーケティングを担当。
膨大な点数を扱いつつ、新人著者の売り伸ばしや仕掛け販売に注力。
上原愛加のプリンセスレッスン(シリーズ100万部突破)などの売り伸ばしに成功する。その後、出版プロデューサーとして2010年に独立。

『血流がすべて解決する』(23万部)『奇跡の営業』(6.3万部)など主にデビュー作をプロデュースし、ベストセラーへと導く。

業界では数少ない、出版社マーケティング部出身の出版プロデューサー。

業界の活性化を目的として、版元・書店との人脈を活かした合同勉強会や、新卒向けにメディア就活ボランティアも行なう。

「営業だったからこそ、著者・出版社・書店に提供できるモノがある」と増刷ロジックや書店巻き込みマーケティングを駆使したプロデュースを行う。

本は読者のためにある。という考え方から「ブランディングの為に本を出したい」とおっしゃる方には、笑顔でドロップキックをプレゼント(笑)


新着記事

セミナーバナー