原 菜未

こんにちは、出版プロデューサーの原です!

この記事は、本でベストセラーを目指す人のための番組『コウジニシウラのおしゃべり出版ウラ表紙vol.5』の概要です。

出版プロデューサーの西浦とフリー作曲家のあるうらさんによるラジオ形式の番組ですので、移動中など気軽に聞いてみてください。

当サイトとfacebookページの双方で配信していきます。(内容は同じものです)

 

ご意見ご質問は、出版TIMESのfacebookページにて受け付けております。

コメントやメッセージをお待ちしております!

視聴は ↓ からどうぞ!(vol.4を聞き逃してしまった方はこちらからどうぞ)

まずはまさかの泣ける!?お話から

西浦「どうも!バナナ系の商品にめっぽう弱い、出版プロデューサーの西浦です」

あるうら「どうも!一番泣いた映画は『怒り』フリー作曲家のあるうらです」

二人「よろしくお願いします」

西浦「『怒り』?」

あるうら「『怒り』」

西浦「最近(収録時)やってる映画ですよね」

あるうら「ちょっと前に公開されたやつなんですけど…今までで一番泣きました。吉田修一さんの小説のやつなんですけど」

西浦「さっき泣いてましたけど、それより泣きました?」

あるうら「…もうだいぶ腫れも引いてきたんで、目の」

西浦「引いてきた」

あるうら「はい」

西浦「完全に独眼竜になってましたもんね」

あるうら「トイレ行って手を洗ってたら消毒液じゃなくて石鹸みたいな、そこの石鹸みたいなやつがシティホテルの安いところの、シャンプーとか使う用の押したら下から液体が出てくるみたいなやつ」

西浦「ちょっと古いやつですね」

あるうら「そうです。あれで勢いよく押したら、勢いよく出てしまって、それが結構飛び跳ねるタイプの液体で」

西浦「ふっふっふ(笑)」

あるうら「左手で受けたら、そのまま飛び跳ねて自分の左目に直撃して速攻で目を洗ったっていう…」

西浦「何回もトイレ行ってましたもんね、目を洗いに(笑)」

 

今回はゲストをお招きしています

初ゲストはサンマークの黒川可奈子さん(ぎっくり腰気味)

西浦「5回目の収録、5回目の放送?」

あるうら「そうですね、皆さん4回聴いていただいてありがとうございます。そんなおっさん二人の声に慣れてきたところで!」

西浦「ちょっとゲストの方を今日はお呼びしておりまして」

あるうら「そうですね、確か当初目的…出版?何を目指している人でしたっけ?」

西浦「聴いてくださる方ですか?出版で、ベストセラーを目指す方のための番組ですから」

あるうら「何も著者だけじゃないということですね」

西浦「一番、ベストセラーを目指しているであろう職業は編集者なんですけど…というわけでこの方、サンマーク出版第一編集部デスク黒川可奈子さんです」

拍手

黒川「どうも、最近人生で初めてぎっくり腰になった編集者黒川です。よろしくお願いします」

西浦「さっきね、待ち合わせしたらね、『ぎっくり腰になったんですよー』って、第一声それかい!ってね」

あるうら「(笑)」

〜一部省略〜

あるうら「今回はですね、黒川さんのご要望も含めて…」

西浦「黒川さんにね、僕が是非第一回のゲストをお願いしたら『飲みましょう!』って返されまして。『あれ、飲みのお誘いしてないんだけどなぁ』って思ったんですけどね(笑)ということで今回は初ゲストにして、初飲みながらということでね、乾杯からいきますか」

三人「かんぱーい」

 

黒川さんの編集本と経歴

西浦「黒川さんは31才という若さで役職にも付き、会社案内でも社長、編集長2人に次いで4人目に紹介されているというすごい編集さんです。さらにサンマークさんの出版目録にたくさん本が紹介されている中で、前から5番目ぐらいに、1ページまるまる使って黒川さんが編集された『血流が全て解決する』がスガーンと載ってるわけです。ていうなんかすごい人なわけです。」

あるうら「会社的には一押しの本を編集者として関わったからカタログに出てください!という感じなんですね」

 

西浦「というわけで、まずは、過去にどんな本を作っていらっしゃったのかお伺いしたいなと思います。」

黒川「過去に、ビジネス書とか自己啓発書を担当することが多くて、代表的なのは元スターバックスとかザ・ボディショップ日本法人社長の岩田さんという方の『ついていきたいと思われるリーダーになる51の考え方』。今35万部とかですね」

西浦「35万部、すごい!」

続きは是非ラジオでどうぞ!
凄腕編集者黒川さんの語る「帯の重要さ」についても期待して聴いてみてください。

 

【webラジオ】コウジニシウラのおしゃべり出版ウラ表紙vol.5『編集者ゲストの語る帯の大切さ』

こんにちは、出版プロデューサーの原です! この記事は、本でベストセラーを目指す人のための番組『コウジニシウラの...

こんにちは、出版プロデューサーの原です!

この記事は、出版TIMESの新企画、本でベストセラーを目指す人のための番組『コウジニシウラのおしゃべり出版ウラ表紙vol.3』の概要です。

出版プロデューサーの西浦とフリー作曲家のあるうらさんによるラジオ形式の番組ですので、移動中など気軽に聞いてみてください。

当サイトとfacebookページの双方で配信していきます。(内容は同じものです)

ご意見ご質問は、出版TIMESのfacebookページにて、コメントやメッセージをお送りください!

視聴は ↓ からどうぞ!(vol.2を聞き逃してしまった方はこちらからどうぞ)

本編前小話

収録前の打ち合わせはBACKSTAYさんで。手作りケーキがめちゃウマです。

西浦「どうもー、業界で唯一『出版社のマーケティング部出身』出版プロデューサーの西浦です」

あるうら「どうもー、先ほど西浦さんにコーヒーをこぼされました、あるうらです。フリー作曲家です」

西浦&ある「よろしくお願いします」

西浦「…すいませんでした(笑)」

ある「初めてスタジオでですね、収録させていただいているんですけど。(スタジオが)本格的でテンション上がりまくってて、そんな中でね、冷水を刺されたような、そんな体験でしたね。えええええ!?てね」

西浦「そう、ちょっとね、これからじゃあ収録始めましょうかっていう時に、僕があるうらさんにコーヒーでもどうぞって渡したんですけどね。コーヒーがね、思いっきり、あるうらさんにかかるっていう」

ある「はい、ガッツリかかりましたね。本当に黒地のコートでよかったなってのが唯一の救いですね」

ある「ということで、本題といきますか」

 

ある「先ほどの自己紹介でいってもらった、唯一出版マーケティング部出身?」

西浦「そうなんです。まあ、『たぶん』ですけどね?」

ある「え?」

西浦&ある「(笑)」

西浦「わかんないでしょ?全員のこと調べられないから(笑)一応僕ね、出版社を辞めて7年強、今8年目なんですよ。その間に何名かの出版プロデューサーの方に話聞いたりしたんですけど、おそらく出版プロデューサーの中で出版社でマーケティング部にいたよって人はいない」

ある「うん」

西浦「ようです」

 

本編開始〜誰でも本を出版できますか?〜

ある「なめた質問になるかもしれませんけど・・・本なんて書いたことのない、完全に素人の僕でも出版できるんですか?」

西浦「あ、無理です」

西浦&ある「あははは(笑)」

ある「いやいや、ここ(台本)に誰でも出来るって書いてあるじゃないですか!!」

西浦「今のは冗談ですけども。向き不向きではなくて、誰でも本って出せるんですかって言ったら誰でもできるし、誰でもはできないよって回答になってしまいますね」

ある「『なってしまいますね』って言われても、何が言いたいねんって(笑)」

西浦「資格がなければいけないわけでもないし、社長じゃなければいけないわけでも、芸能人じゃないと書けないわけでもないから、誰にでもチャンスはあるんです。」

ある「はい」

西浦「何が必要なのかというと、読者に何らかの価値を提供できる人ならできるよってことなんです。価値を提供できないならできないということなんです。」

西浦「価値って何かと言うと、面白いとか、役に立つとか、感動するとか、暇つぶしになるとか、そういうことができれば誰でも書けるんです」

西浦「二つ目の条件が難しくて、価値を提供できる人たちの中で、差別化が必要になってくるんですよ。」

…続きは放送で!

 

【webラジオ】コウジニシウラのおしゃべり出版ウラ表紙vol.3『本は誰でも出版できる?』

こんにちは、出版プロデューサーの原です! この記事は、出版TIMESの新企画、本でベストセラーを目指す人のため...

こんにちは、出版プロデューサーの原です。

今回は早くも3回目を迎えた、出版プロデューサー西浦孝次による「おすすめ!人生を豊かにする本5冊」改め「ニシュランガイド」のレポートを公開します。

今回もイベントスペースを貸してくださったのは東京駅八重洲口を出て真正面にある「八重洲ブックセンター」さんです。

 

紹介した本

5冊の候補がありましたが、毎回恒例の参加者投票と、西浦さんのおすすめで紹介が決まったのはこの4冊。

  • フェルマーの最終定理
  • 芸人交換日記 〜イエローハーツの物語〜
  • 海馬 脳は疲れない
  • (赤塚不二夫対談集 これでいいのだ)

時間の都合で詳細までご紹介できたのは上から三つの作品となりました。

 

フェルマーの最終定理

イベント時間2時間の中で1時間をかけて話してくださったのがこの「フェルマーの最終定理」

書店などで見かけたことのある方も多い本かと思います。

この一冊は、西浦さんが数学に興味を持つきっかけになった一冊だそうです。

 

とても大きなテーマになりますが、人類が世代も人種をも超え、一つになって取り組んだことをご存知でしょうか?

今現在も戦争が終わらず、あちこちでテロなどが起きている中、そういったものを見つけるのは難しいことかと思います。

「フェルマーの最終定理」は、解を見つけることが非常に困難な数学の謎です。

そうであったがゆえに、数学者たちを幾世代にも渡り魅了し続け、それぞれの人生をかけて、解を見つけるために奮闘させたものでもありました。

 

この本はただの数学書ではなく、そのうち大きな貢献をした人たちの生涯にフォーカスした人間ドラマの詰まった一冊となっているのです。

ただ一冊の数学についての本としてだけではなく、数学者たちのストーリーに思いを馳せて読んでみると、また違った数学の面白さや素晴らしさが見えてくるかもしれません。

海馬 脳は疲れない

赤ちゃんの頃を最高として、生きていればどんどんと死滅していく脳細胞。

でも実は、20歳までは単純記憶が発達しており、30歳からはネットワーク構築という新しい才能の開花するのが人間であるという、新しい発見が出来るのがこの本です。

印象に残るのは、西浦さんの「だからこそ人は生きるのに慣れてしまうと成長が止まってしまう」と言う言葉。

あなたはどうでしょうか?

新しい出会いや新しい発見を避けていませんか?

固定観念に取りつかれ、一歩踏み出すことを必要のないことのように思ってはいないでしょうか?

この本にも、いろいろな感想が集まりました。

自分の生き方や、ものの受け止め方にも影響が出る、人生の為の一冊、ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

あなたにしかない新しい気づきがあるかもしれません。

芸人交換日記 〜イエローハーツの物語〜

3冊の中で唯一のフィクション作品が芸人交換日記。

森三中大島さんの旦那様でも知られる放送作家の鈴木おさむさんの作品です。

芸人同士の交換日記形式で進められていくこの本では、夢を追う人の葛藤と、「夢を諦める」勇気の偉大さがわかる一冊となっています。

ぜひ読んでもらいたい本です。

もしあなたが夢を追う人や諦めた人、今現在、葛藤している人なら。

 

感想会

今回もイベントを終えた後に、各本に対する感想会を行いました。

西浦さんが紹介してくださった内容を受けて、各々感じたことを一言ずつ付箋にして貼り付けています。

そこからは自分で感じ取ることのできなかったことも読み取れ、人それぞれに与える本の影響の大きさやその差、隣人の思いなどが詰まっており、本の可能性をますます感じる会となりました。

また、紹介された本は会場の八重洲ブックセンターさんで購入することができるため、気になったものをその場で手にすることができます。

イベントに興味を持っていただいた方は、ぜひ次回参加してみてください。

[facebookイベントページ]

 

【イベント】出版プロデューサーの人生を豊かにする本「ニシュランガイド」Vol3

こんにちは、出版プロデューサーの原です。 今回は早くも3回目を迎えた、出版プロデューサー西浦孝次による「おすす...

本を書くときに、なかなか文章がスラスラ出てこないことがありますよね。

そんな時に拠り所となる「何から書いていいのか」「何をゴールとするべきなのか」がはっきりしている人は少ないのではないでしょうか?

 

私が記事を書くときもそうですが、一体誰を対象としているのか、何を伝えたいのかなどが明確でないと、なかなか筆が進まないものですよね。

 

先日、作家を目指す人が『実用書の企画書を書く時に、最低限決めるべきこと』を学んだので、その中から実際に役に立つ項目をいくつかピックアップしました。

 

頭の中を整理することが、執筆の際に大きな利点となるかと思います。

 

コンセプトを固める

本を執筆する上で、筆を動かす前に重要なことが「コンセプト固め」です。

自分の本は一体どういったことを伝えたいのか、キャッチコピーより少し長い3行程度の文章で

わかりやすくつけるのが良いかと思います。

 

  • この本で読者は何ができるか、それによってどう変わるか、それはどのように行うのかが含まれている。
  • 上記の文脈の中で今まで世間で言われてきたことの逆転の発想など意外性がある。
  • 少し怖いくらいのことをプロとして断言する。「〇〇は嘘だった!」「今までやっている◯では痩せられない!」など

 

こうすると、実際に手を動かす際に頭の中が整理されており、

自分の伝えたいことや何を中心にして書くべきかが自ずとわかってくるでしょう。

 

コンセプトの解説づけをする

コンセプトを固めたのちに必要になってくるのが、解説づけです。

自分の提示したコンセプトに対して、それが一体どういった内容なのか、一言で解説できる明快さが必要になってきます。

 

  • なぜその本を書こうと思ったのかの理由付け。
  • その理由を深掘りして自分の中で言葉になっていない部分を言語化する。
  • あくまで本の趣旨から外れないように行う。派生してだらだらと長くならないこと。
  • 誰でもわかる表現になっていること

 

プロフィールを固める

あなたのプロフィールを、まずは用紙に向かって書いてみてください。

どんな構成のものができてくるでしょうか。

一度で整理されたインパクトのあるプロフィールを作るのは難しいことかと思います。

 

では、一体何に気をつけたらいいのか、以下を参考にして添削してみてください。

 

  • 勤続10年、達成数100件など、実績を主張する際に数値や固有名詞が入った読者にわかりやすいものになっているか。
  • 具体的に何ができるのか明確になっているか。
  • コンセプトに沿った内容のプロフィールになっており、軸がブレていないか。

 

具体的に自分がどんなことをしてきたのか、どんなことで実績があるのかを分析すると良いでしょう。

 

自分の頭の整理から始める執筆

以上のように、自分の頭の整理から始め、いかにすれば読者にわかりやすく伝わっていくのかを念頭において執筆すると、軸のぶれない文章がかけるかと思います。

ここでご紹介したのは一部の整理の仕方ですが、ぜひ一度試みていただけると幸いです。

 

【作家になるには】実用書向け・本を書く前に考えるべきことの実例3選

本を書くときに、なかなか文章がスラスラ出てこないことがありますよね。 そんな時に拠り所となる「何から書いていい...