企画書をついつい放置しがちな人必見!「企画と原稿をぐいぐい進める」3つの習慣vol.1

年に2回はダイエットに目覚めるのに、いつの間にか熱が冷め、気づけば太ってて、またダイエットを繰り返す、リバウンド王にして出版プロデューサーの西浦です。だいたい痩せたら熱が冷めて、ダイエットのこと忘れちゃうんですよね。ダイエット本は効果あるけど、続けられないっていうリアルがあるから永遠になくならない市場かもしれません。

さて、西浦のダイエットのように「本を書くぞ!」と決意したり、出版塾に参加したとしても、なかなか企画書が書けなかったり、原稿が進みません・・・といった相談をよく受けます。

「著者ってのは、止められたってついつい書いてしまうものだ、だからお前はダメだ!」という考え方もあるのですが、職業作家と一般書の著者だとちょっと事情が違います。

一般書、つまりビジネス書や健康書は「その道のプロ」が書くもので、「書くプロ」というわけではないからです。

 

本来、書く専門家ではない、一般書の著者はどうすればスムーズに書けるようになるのでしょうか?

 

その答えは昔、僕が通っていた居合の師匠に教えていただきました。

「居合っていう、非日常を日常にするのが大切なことです」と。

非日常を日常にする

居合というのは刀を振り回して、技を競うっていう明らかな非日常です。家で練習してるとたいてい照明や壁を切ってしまうので、自宅では練習しづらい(笑)

だから週に3回は稽古に来なさいと言われていました。(週に2回だと、現状維持で精一杯だそうです)(なんでもそうかもしれません)

 

本を書く、というのも普通に仕事や生活をしていくだけなら必要のないことです。いわゆる非日常ですね。

この非日常がやっかいで、気が付けばすぐ日常に戻ってしまいます。つまり本を書かない生活に戻ってしまうのです。

 

居合の師匠は、非日常を日常にするために、稽古の回数を増やしなさいと教えてくれました。出版の場合はどんな稽古が有効でしょうか?

そもそも出版塾などに参加している方でも、「書けない」「書く時間を取れていない」と悩んでいるので、そういうセミナーなどに参加するだけでは日常化しないようです。

 

日常とは「常日ごろ行われること」ですから、本を書くことがそれくらい自然になるまで、日常に取り入れる必要があります。

それは「出版」という習慣を身に着けることです。

そこで、「放置しがちな企画」を進捗するのに有効な習慣を3つご紹介します。

OJT目線で、ネタを集める(習慣1)

著者に求められるのは実績に 代表されるプロフィール力です。藤吉さんに教えてもらった「『誰が』に値する生き方」ですね。

ただ、どれだけすごい実績やプロフィールがあっても、エピソードが面白くない人というのがいます。

正確にはエピソードを覚えていない人、気づいていない人です。

すごい人にとっては「当たり前」すぎて、それが出版のエピソードに使えるという発想がなく、発想がないから覚えていないのです。

 

この対策が「OJT目線で日常を俯瞰し、メモする」という習慣です。

OJTとは(On-the-Job Training オン ザ ジョブトレーニング)のことで、職場の中で仕事を教えていく指導方法です。

新入社員があなたの隣でメモを取って構えていると想定して、仕事や日常を過ごしてください。こうやって深夜に記事を書いているときも「なんで朝じゃなくて夜なんですか?」と聞いてくる新人ちゃんになんて答えるかな・・・と一つ一つ考えて言葉にしていくのです。

このOJT目線が重要で、自分目線、プロ目線だと「こんなの当たり前じゃん」と思って、日常のエピソードに気づかず流してしまいます。

 

 

「そんなのどうするんだよ」って話だと思うので、実例を一つご紹介します。

以前、うちのクライアントから、グループコンサルの当日に「すいません、今日いけません!」という連絡が入りました。スポーツ選手のサポートしている先生なのですが「自分の担当選手がリハーサルでケガしてしまって、急遽行かねばならい」とのこと。

そのときに「こっちのことは気にしないでいいですよ」ということ以外に僕が伝えたのが、この「俯瞰で見て、メモしてください」ということです。

トラブルですし、緊急度の高い案件ですから、集中して対応しなくてはなりません。しかしそんな時こそ、俯瞰して自分が相手に何を伝えているか、緊急時にどういった対応をすべきか、優先すべきは何か?を俯瞰して、OJT目線(新入社員目線)で見て、冷静に記憶してほしいのです。

 

これは後から思い出して考えるよりもその場で、OJTでやることに意味があります。

なぜなら、机の前でコーヒーを飲みながら「冷静に思い浮かべる」緊急時の対応と、緊急時のただ中で俯瞰し、記録、記憶されたエピソードは熱量や臨場感が段違いだからです。

具体例もよくある例ではなく、「実際に〇月〇日にあった実在する誰かと誰かのやり取り」なので、ものすごくリアルで面白いのです。そしてそういう時こそ仮想新人君も「具体的な質問」ができ、あなたも「具体的なアドバイス」ができます。この具体的なアドバイスこそ、読者へのメッセージになります。

 

例として、実際に僕がクライアントに送ったメッセージを抜粋すると

「プロデューサーとしては、そういう事態こそ『後々、見出しの一つにする』つもりで、『素材集めしながらやるイメージ』で取り組んで頂きたいです。もちろん、集中しつつなんですが、少し俯瞰して記憶する感じで!」

「頑張ってください!実際的には事例集めなので『素人がやりがちなミス』とか『ケガした時あるある』とかに注目して覚えとこうと意識するだけで大丈夫です!」

と、このケースの場合なら「俯瞰で見てやる」ことの後で「何に注目すべきか」までアドバイスしている自分がいます。これはつまり「俯瞰で見る」だけだと素材集め出来ないかもしれないから、「注目点を伝える必要もある」といった具体的なアドバイスが生まれてきているのです。こんなの1日経ったら忘れてます

 

 

実際にどういう形で使えるかは、企画力・編集力の分野ですが、使えるかどうかは置いておいて日常をOJT目線でメモすることをおすすめします。

 

著者の大敵「感情の風化」を防ぐ習慣とは?
企画書をついつい放置しがちな人必見!「企画と原稿を進める」3つの習慣vol.2