キャンプ会員限定 出版プロデュース

キャンプのメンバーを対象に、書籍のプロデュースをさせて頂いております。

なおキャンプメンバーであれば耳にタコでしょうが、念のめ確認いたしますと

当方では

  • 『ブランディングのために本を出したい』
  • 自社のセミナーやサービスを広く知らしめるための本を出したい』

という

自分本位で、読者のことを考えていない本作りは一切お断りしています。

結果的にブランディングになることも、自社サービスを広く知らしめることもありますが、あくまで副産物とお考えください。

 

プロデュースとは


書籍の制作 及び 販促に関する個人コンサルをご提供いたします。

■書籍の制作

  1. 書籍の企画
  2. 企画書の共同立案・共同作成
  3. 出版社との打合せ同席
  4. 企画書の修正指示
  5. 原稿執筆にあたってのアドバイスその他これに関連する一切の行為を提供します。

■書籍の販促

  1. 販売戦略の企画・立案
  2. 出版社営業への販促提案
  3. 西浦が主催する書店勉強会への参加
  4. その他協力会社が行うセールスプロモーション提案を行います。

つまり書籍が出来上がるまでずっと伴走し、協力します。そしてそれは販売後のマーケティングまで及びます。

 

 企画段階から販売のことを想定しものづくりを行っていくと同時に、
 元・出版社営業の立場からも、発売前から非常にスムーズに
 版元の営業部へ促進提案が可能となります。

 

この業界で

 唯一の「元・出版社マーケティング担当の出版プロデューサー」

 

という立場から生まれる「制販一体」のプロデュース手法を高く評価頂き、

結果として出版社から増刷がかかりやすく、初刷部数や広告費用についても多く、

非常に「攻める」姿勢でご検討いただきやすくなっています。

 

プロデュースの効果

 


私のプロデュースを受けてくださった方は以下の効果を実感いただけます。

 

  1. 1、志と、実力と、実績を備えた編集者を紹介してもらえる
  2. 2、100%増刷を実現してきたノウハウで、企画書から書籍完成まで、一緒に創っていける
  3. 3、販売戦略の重要性をプロとして知り尽くし、具体的な方法論としてアドバイスをもらえる

 

特に3の「販売戦略の重要性」を出版社側の視点で話せることについて

出版社から販促提案をされて判断が必要な時、(あるいは何も提案が無くて不安な時)

販促会社からamazonキャンペーンや様々な販促手法に関する提案を受けたときに、

的確な判断をしてくれる人間が隣にいる「安心感」を喜んでくれる方が多いです。

 

そしてこの3つの効果により、以下のような実績・成果がもたらされています。

 

 平均初刷部数 8,666部  業界平均(4,000部~6,000部)の約1.73倍 
 増刷率     100%
 平均累計部数 33,683部 
                                        (2015年1月現在)

 

条件


 

プロデュース対象者はベストセラーキャンプの会員のみとします。

 

価格


 

プロデュース料 250万円(税別)+印税3%

 

平均的な出版プロデュース料よりも安い理由・・・

出版プロデュースはその内容も、料金もピンからキリまであり、

内容は企画を通すだけのものから、制作~販促の全てを一緒につくり、出版社とのコミュニケーションまで行ってくれるもの

価格は50万円ほど~800万円くらいまであり、平均すると300~400万円の価格帯が多いようです。

当方の250万円というのは平均より安く設定してありますが、それは「販促費」を確保して欲しいと思っているからです。

本は作っただけでは絶対売れません。

そして売れない本は著者にとっても出版社にとっても負債になります。

書籍の販促費として150万円ほどご準備いただきたい・・・

よって400万円-150万円(販促費)=250万円と設定しております。

 

お客様の声・推薦の言葉