ベストセラーを目指す方へ

本の出版は当たり前


 

かぎろい出版マーケティングでは、「本の出版」を目指す方をパートナーとはしておりません。

「本の出版は当たり前、ベストセラーを狙います!」という方がパートナーです。

 

「本が出せればいいんですよ、ブランディングが目的なので・・・」という方は、

ブランディングのために本を出しましょう!と宣伝する業者さんの所へ行っていただくと、

互いのニーズが満たされて良いと思います。

 

「私はそんな器の小さい、志の低い者ではない!」という貴方。

お待ちしておりました。

本はあなたのために書くものではない


本は誰のために書くのか?

それは「読者のため」です。

  • 悩める読者に希望を示したり
  • 何かを始めようとする読者に、具体的な一歩を示したり
  • 傷ついた読者に癒しを与えたり
  • 退屈した読者の日常に、潤いを提供したり
  • 飢えた読者の知的好奇心を満たしたり

要は、「読者のために、あなたの何かを提供するもの」です。

あなたの経験やノウハウはもちろん、

恥ずかしいエピソードや失敗談もそうですし、

かなりの時間やエネルギーも提供するのです。

 

言ってみれば、ボランティアの一つだと私は考えています。

だって、本はたかだか1,500円程度で、あんなに多くのことを私たちに提供してくれるんですよ?
これ以上に費用対効果の高い投資は他にないと思っています。

 

・・・逆に、著者からすれば、費用対効果は悪いのです。

本を書くのには膨大な時間と、産みの苦しみを伴います。

正直なところ、その時間やエネルギーは

本業のために使ったほうが、本を書くのに使うより、明らかに儲かるんです。

それに比べれば、印税なんて微々たるものですから・・・。

 

それでも書くのは

「同じ苦しみを味わっている人に手を差し伸べたい」

「この本で救われる人がいるのなら・・・」

という自己犠牲の精神です。

「一人でも多くの読者に役立ちたい」という思いが

お金も時間も投入させ、結果的にヒット作になっていくのです。

これはまさにボランティアと言うべきでしょう。

ブランドも売上も、結果的についてくる


そこまで人のために尽くす方ですから、

本がヒットした暁には「お金以上の報酬」をたくさん得られます。

特にファンレターはその最たるものでしょう。

あなたのおかげで救われた読者からの素直な感謝に、内側からこみ上げる熱いものをこらえるのは非常に困難です。

 

とはいえ、私も綺麗事だけを言うつもりはないので、

本が売れれば金銭的、名誉的報酬が多くあるのを認めます。

憧れの有名企業から講演依頼が来て、自己肯定感が高まった!という著者や、

TBSのゴールデン番組に出演できて、問い合わせが殺到した!という著者もいます。

 

ただ、事実として著者のブランディングやら、本業の売上UPやらは

「結果的に」実現されることだと感じます。

 

読者のために、一緒に背伸びする


全く見返りなく、読者のためだけに、自分の有形・無形の資源を、

湯水のごとく使える方はいないでしょう。

私はそこまで聖人君子ではないし、そういう方がいても「本当かよ?」と思ってしまう所もあります。

 

しかし、やはり「自分のためだけに本を書きたい!」という人は小さく見えてしまうし、

私も「ヨシ!やりましょう!」とは思えません。

やはり8割は読者に向いていてほしい。

 

本音としては自分の欲もあるけれど、真面目に読者のために書く。

私たちは聖人ではないけれど、それでも読者のためにと志し高く背伸びする。

だからこそベストセラーを目指したい。

 

そんな方へ

完全招待制 ベストセラーキャンプ

出版プロデュース

出版マーケティングコンサル

のサービスを提供させていただきたいと思っています。